Home -> Blog -> 私が持っているDTM機材の紹介

2016/12/16
私が持っているDTM機材の紹介



ikada.net開設記念として、ブログ記事の第一弾は「私の使うDTM機材」を紹介したいと思います。

PC

OS Windows8.1
CPU Core i7-4790K
メモリ 16GB
ストレージ 512GB SSD

Windowsの自作マシンです。CPUはi7-4790K, メモリは16GB積んでます。
ほぼ全ての音源はSSDに入れております。生楽器はせいぜいピアノとドラムくらいなので、今のところは512GBの範囲に収まっています。

生音源系だとHDDとSSDとでは、プロジェクト立ち上げ時の速度が劇的に変わってきます。モチベーション維持のために投資の価値は十分にありますよ!

 

レコーディング/モニター

 分類 メーカー 製品名
スピーカー YAMAHA MSP5 STUDIO
スピーカー 自作スピーカー
ヘッドホン AKG K712 Pro
アンプ サイス 鎌ベイアンプ
オーディオIF Native Instruments KOMPLETE AUDIO 6

最近のスピーカー:ヘッドホンの使用比率はだいたい2:8くらいです。

スピーカーのMSP5 STUDIOは、解像度が高いものの低音域が不足しているため、自作スピーカー+アンプで補っています(余裕が出れば、サブウーファーを導入したいところ…)
ヘッドホンのK712 Proは、MSP5に劣らない解像度や音場感を出してくれるため、重宝しています。

音の出方は機材ごとにどうしても癖が出てしまうので、なるべく様々な環境で鳴らすようにしています。

 

キーボード

 分類 メーカー 製品名
MIDIキーボード YAMAHA KX25
シンセサイザー YAMAHA MO6

キーボードはYAMAHAが一番安心できます(KXシリーズの後継機は出ないのでしょうか…)。
どちらのキーボードも使用期間10年に迫る長寿なマシンです。

長年の使用で「25鍵と61鍵の組み合わせはマゾい」と言うことが分かったので、そろそろ49鍵・88鍵にそれぞれアップデートしようと模索中。

 

ソフトウェア―DAW

 分類 メーカー 製品名
DAW Steinberg Cubase8 Pro
DAW YAMAHA XG Works

スピーカー・キーボードといいどうやら私は昔からのヤマハっ子なようで、DAWもずっとヤマハのものを使用しています。
XG WorksはMIDI環境としては今でも優秀なので、昔作ったMIDIファイルの解析などに使っています。

 

ソフトウェア―音源

 分類 メーカー 製品名
総合音源 Native Instruments KOMPLETE10 Ultimate
ROMプラー reFX Nexus 2
ドラム FXPansion BFD3
ドラム XLN Audio Addictive Drums 2
ピアノ Galaxy Instruments Vintage D
ピアノ Toontrack EZ Keys

クラブ系ジャンルはNexus2が、生音系ジャンルはKOMPLETEがそれぞれ大活躍です。

ピアノは主にAlicia’s Keysですが、たまにVintage Dが合う曲があったりもします。
バッキングを打ち込む際は、EZ Keysを使えば簡単にフレーズを生成することが出来るので便利です。

生音はやはり収集欲が掻き立てられるので、この他にもBest ServiceのEra Medieval Legendsや、Impact SoundworksのKoto Nation等を所持しています。

 

ソフトウェア―サンプリング音源

一番頻度が高いのはVengeanceのVEC4,VEH4あたりでしょうか。

クラブ系だとRankin AudioやLoopmastersの製品が好きですね。
声ネタはSample Magicsの「Shout Vocal」、Loopmastersの「ULTIMATE VOCALS」で今のところ満足しています。

 

ソフトウェア―エフェクトプラグイン

分類 メーカー 製品名
バンドル Waves Sound Design Suite
グリッチ Sugar Bytes Effectrix
フィルター Sugar Bytes WOW2

音圧系はL2をメインに使っています。空間系はSuperTapとRVerbです。
RverbはSoundDesignSuiteには含まれておらず、セールで買ったものです。

クラブ系ジャンルだとSugarBytesのプラグインが有用ですね。
EffectrixやWOW2は使い勝手も良く、クリアな原音のまま出力することができます。


以上で紹介は終わりです。
ここ数年で一気にソフトウェア製品が充実した気がします。

今後も各社からのリリースやセールが楽しみですね。